レッドフラッシュなインク

レッドフラッシュの強いインクと「Akkerman Shocking blue」を比べてみます。

左から

Akkerman Shocking Blue

Organics Studio Ralph Waldo Emerson

Organics Studio Nitrogen

hiseen

スキャナーで取り込むとレッドフラッシュが目立たないですが、動画で見ると

ピッカピカですね。

この光るインクはみんな水に弱く、ちょっとでも濡れると大惨事、あっちもこっちも真っ青になってしまいます。綺麗なんだけどね。好きなんだけどね。台所仕事して手をよく拭いたつもりでも、ちょっと水分が残ってるだけで青くなっちゃう。

この中では「Organics Studio Ralph Waldo Emerson」が一番光りますね。元の色がわからないくらい。

「Organics Studio Ralph Waldo Emerson」「Organics Studio Nitrogen」「Henry David Thoreau Walden Pond」はGoulet Pensdでサンプルを取り寄せて、試し書きして、すぐにボトルで注文しました。でもペン先はすぐ乾くし、あたりは汚れるし、ボトルの口の周りにインクが乾いてボロボロ固まるし、その塊が落ちて濡れると大惨事だしで、雑な人間の私には向いていないんじゃないかとも思います。でも好き。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。